哺乳類科学
Online ISSN : 1881-526X
Print ISSN : 0385-437X
短報
新規分布地域におけるニホンジカの生息地利用および性別割合
出口 善隆村山 恭太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 56 巻 1 号 p. 37-41

詳細
抄録

岩手県盛岡市で新規に分布域が拡大したニホンジカ(Cervus nippon)個体群の生息地利用と性別割合を2年にわたり赤外線センサー付きカメラを用いて調べた.時間帯毎の撮影頭数には有意な偏りがあり,林地では日の出と日没前後に撮影頭数が増加したのに対し,果樹園では日没前後と深夜に撮影頭数が増加した.また,調査期間を前期(2011年12月~2012年11月)と後期(2012年12月~2013年11月)に分け,ニホンジカの撮影頻度と性別割合を比較したところ,後期には撮影頻度が2倍に増加し,雌の撮影割合が増加した.

著者関連情報
© 2016 日本哺乳類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top