計量国語学
Online ISSN : 2433-0302
Print ISSN : 0453-4611
2016年度特集 WWW コーパスを用いた研究
Twitter データを利用した言語地理学的研究の可能性
「おもしろい」「おもしろくない」を事例として
峪口 有香子岸江 信介桐村 喬
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 31 巻 8 号 p. 537-554

詳細
抄録

本稿では,Twitterからの方言語形抽出結果と,全国の高年層を対象に実施した方言調査の結果および全国の大学生を対象に実施した方言アンケート調査結果等との比較を行い,どのような違いがみられるかについて検討を行った.その結果,全国の高年層で使用される方言がTwitter上で忠実に反映されているとは言い難いが,Twitterデータの結果と大学生を対象としたアンケート調査結果とは,概ね一致した.この点で,Twitterデータをことばの地域差を見出すための資料として十分活用できる可能性があることが判明した.Twitterから得られた言語資料は,伝統方言の地域差の解明とまでは必ずしもいかないにしても,若者世代を中心に用いられる新しい方言や表現形式の分布のほか,「気づかない方言」などの地域差を知る手がかりとして,今後,有効活用が期待される.

著者関連情報
© 2019 計量国語学会
次の記事
feedback
Top