計量国語学
Online ISSN : 2433-0302
Print ISSN : 0453-4611
論文B
BCCWJに含まれる学校教科書コーパスの計量的分析
日本語教育のためのリーダビリティと語彙レベルの分布を中心に
李 在鎬
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 32 巻 3 号 p. 147-162

詳細
抄録

本研究では,「現代日本語書き言葉均衡コーパス」(BCCWJ: Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese)に含まれている教科書データ412件について日本語教育のためのリーダビリティと語彙レベルの分布を計量的に分析した.分析の結果,次の4点が明らかになった.1)学年が上がるに従って,日本語教育的観点からみた文章の難易度も上がっていくこと,2)小1~高校までの10学年は,5つのグループに分けられること,3)「社会」や「数学」や「理科」などは比較的難しい文章で構成されているのに対して,「国語」や「芸術 」などは比較的読みやすい文章で構成されていること,4)初級語彙は学年が上がるに従って,減少していくのに対して,中級語彙は増えていく傾向が見られたことである.こうした計量的分析結果は,年少者日本語教育の教科学習における日本語指導の範囲を決めるための基礎資料になると考えられる.

著者関連情報
© 2019 計量国語学会
次の記事
feedback
Top