廃棄物資源循環学会誌
特集:容器包装プラスチックのリサイクルと今後
容器包装プラスチックリサイクルによる環境負荷の削減効果
中谷 隼平尾 雅彦
著者情報
ジャーナル フリー

21 巻 (2010) 5 号 p. 309-317

詳細
PDFをダウンロード (439K) 発行機関連絡先
抄録

容器包装プラスチックのリサイクルの意義や材料リサイクルの優先的な取り扱いへの疑問に応えるためにも,材料リサイクル,ケミカルリサイクル,エネルギー回収といったさまざまなリサイクル手法による環境負荷や資源消費の削減効果を客観的に評価することが求められている。本稿では,これまでの容器包装プラスチックリサイクルのライフサイクル評価 (LCA:Life Cycle Assessment) の事例をレビューして,さまざまなリサイクル手法による二酸化炭素 (CO2) 排出の削減効果について考察した。その中で,システム境界や代替される製品の設定によって評価結果が影響されることに言及し,容器包装プラスチックリサイクルのLCA評価に残された課題について述べた。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

廃棄物学会誌

feedback
Top