数学教育学会誌
Online ISSN : 2434-8899
Print ISSN : 1349-7332
幼児期の数学教育における「遊びを通しての指導」の再検討
フロー理論に着目して
中橋 葵岡部 恭幸
著者情報
キーワード: 幼児, 遊び, フロー理論
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 59 巻 1-2 号 p. 59-66

詳細
抄録

本稿では、フロー(「楽しさ」が動機付けとなり、そこでの感情が内的報酬となって次の行 動への動機付けとなる活動に没頭する心理状態)に着目して、先行実践での幼児の姿を分 析し、「遊びを通しての指導」の再検討を行った。その結果、本稿で分析を行った実践にお いては、幼児は遊びに没頭する中で葛藤解決に取り組むことにより、数学概念の獲得や認 識の質の高まりが生じる可能性が明らかとなった。今後、遊びへの没頭の中で葛藤解決に 取り組むことによって発達し得ることと、そのプロセスでは発達しないこととを整理し、 保育内容「環境」領域について数学としての内容の検討を行う必要がある。

著者関連情報
© 2018 (一社)数学教育学会
前の記事
feedback
Top