Medical Imaging Technology
Online ISSN : 2185-3193
Print ISSN : 0288-450X
研究論文
圧縮センシングによるMRI画像シミュレータの高速化
朝比奈 諒藤居 昭吾山本 悦治
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 32 巻 3 号 p. 212-221

詳細
抄録

MRI画像シミュレータは,パルスシーケンスやハードウェア開発の効率向上に有用である.しかし,拡散強調画像に関しては計算量が膨大なため,ヒト脳サイズモデルを扱えるシミュレータは報告されていなかった.われわれは新規に提案した高速法を適用することで,年単位の計算時間を数時間にまで短縮した.一方で,シミュレータに対する性能向上への要求は高まる傾向にあり,計算時間の増大を招いている.そこでさらなる高速法として圧縮センシングをシミュレータに応用することを提案する.検討結果によれば,約30%のデータからでもシミュレータとしての動作に耐えられることが推定され,約3倍の高速化が見込まれた.応用例として,拡散強調画像撮像用MPGの振幅変動を想定し,得られる画像を評価した.その結果,データ利用率30%の圧縮センシングでも,MPGの振幅変動と画質劣化との関係を再現でき,開発したシミュレータが装置開発に有用であることが確認できた.

著者関連情報
© 2014 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top