Medical Imaging Technology
講座
PET 装置の構成要素と基本原理(2) PETにおけるデータ取得および信号処理
島添 健次
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 4 号 p. 227-230

詳細
PDFをダウンロード (1308K) 発行機関連絡先
抄録

PET(positron emission tomography)は,陽電子放出に引き続いて起こる対消滅により発生する高い透過力をもつ511 keVガンマ線を同時計測するため,高感度に分子動態を撮像可能な装置である.近年,シンチレータや光検出器の進展から高解像度化,多ピクセル化が進んでおり,信号処理技術の進展が著しく進んでいる.ここでは近年のPET検出器およびデータ取得,および信号処理技術について概説する.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top