Medical Imaging Technology
サーベイ論文
アミロイドβをターゲットとしたPETを用いるアルツハイマー病画像診断における動態撮像法の再評価
木村 裕一
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 1 号 p. 35-42

詳細
PDFをダウンロード (1550K) 発行機関連絡先
抄録

認知症の大半を占めるアルツハイマー病では早期での診断が求められており,そのために,病因物質であるアミロイドβ(Aβ)の脳への蓄積をPETを用いて画像化する,いわゆるアミロイドイメージングが診断手法として実用化されつつある.またその過程で,Aβ蓄積の測定にあたってはより高い定量性が求められるようにもなってきている.そこで本稿では,PETを用いたAβ定量撮像の理論を説明した後,その定量性改善のために薬剤投与後,複数回の撮像を実施する動態撮像の必要性,および臨床応用に際して問題となる総撮像時間に関する問題点を解決するための早期画像の可能性について説明する.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top