Medical Imaging Technology
特集/医用画像工学分野におけるディープラーニング応用と研究開発
頭部コンピューター支援診断におけるディープラーニング
根本 充貴
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 4 号 p. 200-205

詳細
PDFをダウンロード (1973K) 発行機関連絡先
抄録

昨今,医用画像処理・コンピューター支援診断の分野でも,ディープラーニングによる画像パターン認識処理を応用した研究が盛んである.本論文では,頭部magnetic resonance angiography(MRA)上の脳動脈瘤検出処理へのディープラーニングの応用例について,著者らの研究成果を紹介する.また,ディープラーニングには多数のハイパーパラメーターが存在し,それらの最適化は非常にコストの高い作業であることが知られている.本論文では,頭部MRA上の脳動脈瘤検出処理を例題としたディープラーニングのハイパーパラメーター最適化に関する実験的検討についても,あわせて紹介する.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top