Medical Imaging Technology
Online ISSN : 2185-3193
Print ISSN : 0288-450X
JAMIT 2017 大会査読付き論文<研究論文>
Thick-slice CT画像における経時差分画像のアーチファクト低減手法
田中 亨石川 亮中込 啓太宮狭 和大佐藤 清秀八上 全弘赤坂 太尾上 宏治久保 武西尾 瑞穂江本 豊富樫 かおり
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 35 巻 5 号 p. 257-267

詳細
抄録

同一患者を異なる時点で撮像した三次元断層画像を変形位置合わせし,その経時差分画像を生成・提示する技術がある.この技術は病変等の経時変化の可視化に有効であり,医師の読影の支援技術として期待されている.しかし,実臨床で広く利用されているスライス厚が厚い画像(thick-slice画像)の経時差分では,たとえ正確な位置合わせが実施されたとしても,単純な差分処理ではパーシャルボリューム効果に起因するアーチファクトにより差分画像の視認性が低下する.本稿では,thick-slice CT画像を対象に,その差分画像に特有のアーチファクトを低減する差分手法を提案する.提案手法は,スライス厚に応じて画像間の離散化位置のずれを考慮した差分処理を行うことで,アーチファクトを低減する.本稿では,人工画像を用いた定量評価実験と,臨床画像を用いた医師の主観評価実験を行い,従来手法と比べた提案手法の有用性を示す.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
次の記事
feedback
Top