Medical Imaging Technology
Online ISSN : 2185-3193
Print ISSN : 0288-450X
JAMIT 2017 大会査読付き論文<研究速報>
乳がんを対象とした新しい人工石灰化陰影の作成と実症例を全く用いないCAD開発手法の有効性検証
安倍 和弥武尾 英哉永井 優一黒木 嘉典縄野 繁
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 35 巻 5 号 p. 268-272

詳細
抄録

CAD開発における症例画像の不足を補うことを目的に,病変の存在しない画像に腫瘍等の病変を埋め込み,人工的に症例画像を作成する取り組みが行われている.これまで筆者らは,肝腫瘍や乳がん腫瘤影を対象に人工症例画像の作成とCAD開発への適用を行い,その有効性を示してきた.しかし,これまでは50%以上人工症例をCAD開発の学習データとして用いると,未知データに対しての判別性能が本物だけで学習したものに比べて若干劣ってしまう傾向であった.本研究では,人工症例画像のさらなる他部位への応用と人工症例のみでの高性能な判別器開発を目的とし,新たな対象として乳がん石灰化に着目して有効性検証を行った.石灰化は,これまでの肝腫瘍や乳がん腫瘤影とは大きく特徴が異なるため,新たな作成手法を開発した.この手法により作成した人工症例をCAD開発に用いた結果,100%人工症例での学習による判別器において,本物だけで開発した判別器と同性能の検出結果が得られた.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top