日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
医学と医療の最前線
甲状腺がんと放射線障害
大津留 晶緑川 早苗坂井 晃志村 浩己鈴木 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 104 巻 3 号 p. 593-599

詳細
抄録

甲状腺は放射線に対して発がん感受性が高い臓器の1つと捉えられている.甲状腺がんの放射線発がんリスクは,被曝時年齢が若いほど高くなる.放射線は発がん因子の1つとしても,二次発がんという観点でも重要である.原爆被曝者の調査では,外部被曝による甲状腺がんリスク増加が示された.チェルノブイリ原発事故は,放射性ヨウ素の内部被曝が発がんの原因となった.いずれも100 mSv(ミリシーベルト)以上から徐々に有意となり,線量が高いほど罹患率が上昇する,線量依存性が見られている.東京電力福島第一原発事故後,小児甲状腺がんに対する不安が増大し,福島では大規模なスクリーニング調査が開始されている.本稿では,放射線と甲状腺がんについて,これまでの疫学調査と病理報告を概説し,放射線誘発甲状腺がんの分子機構の最前線に触れ,最後に小児甲状腺がんスクリーニングについての考え方についてまとめた.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top