日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
リツキシマブが有効であった肥厚性硬膜炎および右眼窩内肉芽腫を認めた難治性Wegener肉芽腫症の1例
松平 蘭田村 直人縄田 益之金田 和彦高崎 芳成
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 7 号 p. 1464-1466

詳細
抄録

Wegener肉芽腫症(WG)は頭頸部·上気道,肺,腎臓に肉芽腫病変を呈する抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎である.今回我々は眼窩内肉芽腫による右眼球突出,腫脹,疼痛および肥厚性硬膜炎を伴った難治性WGを経験した.リツキシマブにより肉芽腫の縮小化,肥厚性硬膜炎の改善がみられ,PR3-ANCAの低下を認めた.副作用はみられず,治療抵抗性WGにリツキシマブは有効であると考えられた.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top