日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
I.関節リウマチ
5.TNF阻害薬
大友 耕太郎小池 隆夫
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 97 巻 10 号 p. 2405-2412

詳細
抄録

TNF阻害薬のインフリキシマブ,エタネルセプトはその高い有効性から関節リウマチ診療に革命的な変化をもたらし,現時点における関節リウマチ治療の中心的存在である.一方で重篤な副作用も少なからず存在し問題視されるようになった.本稿では様々なエビデンスや日本リウマチ学会ガイドラインを参照し,その有用性,安全性を概術する.多くの患者に恩恵をもたらせるようTNF阻害薬の適正な投与を行うことが重要である.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top