日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
I.関節リウマチ
6.IL-6阻害薬
西本 憲弘
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 97 巻 10 号 p. 2413-2417

詳細
抄録

関節リウマチ(rheumatoid arthritis,RA)の病態形成に,炎症性サイトカインであるインターロイキン-6(interleukin-6,IL-6)の過剰産生がかかわっている.トシリズマブ(tocilizumab)は,ヒト化抗IL-6受容体モノクローナル抗体であり,RAの炎症症状のみならず,関節破壊の進行を抑える.トシリズマブは日本で開発された最初の抗体医薬であり,世界に先駆けて本年4月にRAに対し承認された.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top