日本内科学会雑誌
I.病因と病態
4.合併症
寺本 信嗣山本 寛山口 泰弘石井 正紀
著者情報
ジャーナル フリー

97 巻 (2008) 6 号 p. 1192-1197

詳細
PDFをダウンロード (345K) 発行機関連絡先
抄録

COPDは,気流閉塞疾患であるが,病因は気道の炎症であり,慢性全身炎症症候群であると提唱されている.安定期であっても酸化ストレス,接着分子,高感度CRP,TNF,IL-6などが上昇している.COPDは独立した動脈硬化の危険因子であり,虚血性心疾患,骨粗鬆症,筋障害,肺感染症,肺癌,脳梗塞,糖尿病の合併が多い.したがって,気道病変の治療とともにこれらの全身合併症,全身炎症の管理,治療の必要性が明らかになってきている.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top