西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
皮疹を呈したシェーグレン症候群の3例
長田 浩行武井 洋二植木 宏明
著者情報
ジャーナル 認証あり

1984 年 46 巻 2 号 p. 485-491

詳細
抄録

特有な環状紅斑, 顔面の浮腫性紅斑, 下口唇の紅斑, 糜爛, 痂皮を呈した3症例について報告した。検査でLE細胞, 抗DNA抗体陰性で, 血清補体価正常, 皮疹の蛍光抗体直接法は陰性であつた。また乾燥症状は著明でなく口唇生検, 唾液腺シンチで異常をみとめなかつたが, 抗SS-A, 抗SS-B抗体陽性を示し, 経過中, 原因不明の反復性耳下腺腫脹, 眼, 口腔粘膜の乾燥症状が出現し, シェーグレン症候群との関連性が示唆された。

著者関連情報
© 1984 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top