西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
症例
急性膵炎を併発した全身性エリテマトーデス
加藤 直子国分 一郎金子 史男大河原 章目黒 高志
著者情報
ジャーナル 認証あり

1987 年 49 巻 5 号 p. 794-800

詳細
抄録

Disseminated DLEとして発症し, SLEへの移行を示し急性膵炎を併発した1例を報告した。患者は41才女子, プレドニソロン60mg投与で加療中, 心窩部痛後, 急激な左腹部痛が出現した。検査上, 血清および尿アミラーゼの上昇がみられ, 腹部エコーおよびCTにより膵臓の腫大と腹腔内の浸出液を認めたことから急性膵炎と診断した。ただちに膵床ドレナージ術を施行したが回復せず死亡した。剖検所見から急性出血性膵炎, 急性多発性胃潰瘍, 肺アスペルギルス症, 肝細胞変性などが確認された。

著者関連情報
© 1987 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top