西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
脂腺母斑に併発したPigmented Cystic Pilomatricoma
赤坂 俊英今村 優子冨地 信和森 康記昆 宰市
著者情報
ジャーナル 認証あり

1992 年 54 巻 1 号 p. 47-51

詳細
抄録

4歳女児の頭頂部に発症した脂腺母斑を伴ったpigmented cystic pilomatricomaの1例を報告した。脂腺母斑下の真皮深層に嚢腫様構造を認め, 嚢腫壁は3∼10層のbasophilic cellあるいはbasaloid cellから成り, 一部ではbasaloid cellが重積し不規則に内腔に向って突出し, shadow cellに移行していた。Basophilic cellに混在してpigment blockade melanocyteが散在し, basophilic cell内にはメラニン顆粒が認められ, 嚢腫周囲の間質にはmelanophageを認めた。これらのmelanocyteはbasophilic cellと共生状態にあり, pilomatoricomaの発生初期より迷入し, さらに, pilomatricomaが元来melanocyteの豊富な毛母由来であることを示唆する所見の1つであると考えられた。また, 嚢腫様構造は, 嚢腫壁の一部にacantholysisを認めたことから, 二次的な変化であると推察した。

著者関連情報
© 1992 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top