日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
膵・胆管合流異常に合併した胆囊癌術後に膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)を発生した1例
池田 愛璃松本 和幸加藤 博也田中 顕之赤穂 宗一郎室 信一郎内田 大輔友田 健堀口 繁岡田 裕之
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 116 巻 3 号 p. 241-248

詳細
抄録

症例は71歳,女性.胆管非拡張型の膵・胆管合流異常(PBM)および胆囊隆起性病変に対して5年前に腹腔鏡下胆囊摘出術を施行し,病理結果は胆囊癌であった.術後,緩徐に主膵管が拡張し,頭部の主膵管内に腫瘤が出現したため膵頭十二指腸切除術を施行した.病理では主膵管内に乳頭状に発育する腫瘍であり,免疫染色で膵胆道型の膵管内乳頭粘液性腺癌と診断した.PBMでは膵臓の悪性腫瘍にも注意が必要である.

著者関連情報
© 2019 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top