脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
抗てんかん剤血清濃度の同一人における反復測定値の検討
久郷 敏明高橋 茂平田 潤一郎細川 清
著者情報
ジャーナル フリー

1979 年 11 巻 6 号 p. 531-538

詳細
抄録

例の入院中の成人てんかん患者を対象に, 抗てんかん剤A. E. D. 血清濃度の連続反復測定を行ない, 測定値の動揺の度合いを検討した. 患者には研究の主旨を説明し, 同意を得た.服薬量, 服薬時間は正確に把握された. 早朝服薬の3時間後にまず5日間連続して採血し, さらに1ヵ月後, 2ヵ月後に各1回繰り返した. 測定されたA. E. D. は, diphenylhydantoin (PHT), phenobarbita1 (PB), primidone (PRM), carbamazepine (CBZ) の4剤で, それぞれ16例, 17例, 10例, 13例に投与された. 血清濃度測定は, 酵素免疫測定法により行なった.
結果: 体重あたりの投与量と血清濃度の相関係数は, 5日間連続測定時はPHT0. 6886, PB0. 7477, PRM0. 8065, CBZ0. 6363, 計7回測定時はPHT0. 6494, PB0. 6931, PRM0.6678, CBZ0.5770であり, 一応の相関は得られたが, 予想よりも低いものであり, 個体差の大きさが示唆された.
各症例の7回の測定値は, 同一人で思いの外大きい動揺を示した. 変動の度合いを検討するため, 各症例の7回の実測値の平均 (Mean) と標準偏差 (S. D.) からS. D./Mean (%) を求め, これを変異係数として変動の度合いを示す指標とした.変異係数の分布をみると, 測定値の動揺はPHTで大きく, PBで小さかった.各薬剤についての変動比の平均は, PHT31.4±16.7 (%), PB14.2±12.7 (%), PRM18.9±14.0 (%), CBZ22.5±19.5 (%) であった.
対象症例中3例で, 発作直後の血清濃度を測定することが出来た. その3例が示した計7回の発作後の測定値を検討した結果, うち5回で血清濃度の著明に低下している薬剤が見い出された.
このような測定値の動揺がもたらされる機序につき, 若干の考察を行なった.

著者関連情報
© 日本小児小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top