応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
非線形光学
小林 孝嘉
著者情報
ジャーナル 認証あり

2004 年 73 巻 7 号 p. 957-963

詳細
抄録

非線形光学の基礎を定式化から始めて,2次非線形光学過程,非線形分極,非線形感受率,その周波数特性,位相整合条件について述べる,その後に,3次非線形光学過程のいくつかの典型的な例をあげて,わかりやすく説明する.その過程として,光パラメトリック三光波混合(2次),四光波混合,第三高調波発生,二光子吸収,吸収・利得飽和,位相共役光発生(以上3次),さらに,いくつかの非線形光学材料について簡単に記述する.

著者関連情報
© 2004 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top