応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
ポータブル蛍光X線分析装置による国宝絵画の材質調査
早川 泰弘
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 74 巻 10 号 p. 1365-1369

詳細
抄録

高松塚古墳やキトラ古墳の保存に関するニュースがマスコミに大きく取り上げられているが,さまざまな文化財の材質や彩色の調査がどのように行われているのかは,あまりよく知られていない.近年,可搬型の調査機器がいくつか開発され,歴史的・美術史的な新発見も次々と得られている.本報では,国宝の絵画3点―源氏物語絵巻,紅白梅図,高松塚古墳壁画―を対象に,近年開発されたポータブル蛍光X線分析装置を用いて行った材質調査の結果を報告する.

著者関連情報
© 2005 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top