応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
分子シミュレーション概論
三上 益弘
著者情報
ジャーナル 認証あり

2006 年 75 巻 5 号 p. 589-595

詳細
抄録

分子シミュレーションは,統計力学の数値計算法である.対象とする物質系の相互作用エネルギーと物理的条件(統計母集団の種類とその状態変数の値)が与えられると,分子シミュレーションからその構造と物性値を予測することができる.分子シミュレーションには,モンテカルロ法と分子動力学法という二つの方法があり,また物質系の相互作用エネルギーを計算する方法として,電子レベル(分子軌道法・密度汎関数法),原子レベル(原子間ポテンシャルエネルギー関数),分子レベル(分子間ポテンシャルエネルギー関数)の計算法がある.ここでは,分子シミュレーションの基礎から最近の発展までを解説する.

著者関連情報
© 2006 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top