応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
衝突液滴の共振増強分光
河野 淳也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 3 号 p. 157-161

詳細
抄録

2液混合反応は化学の中心的役割を果たす.その全貌を理解するには,混合の初期過程を含む測定が必要である.一方,直径数十µmの液滴は,時間・空間的な精密制御が可能である.また液滴は,高効率の光共振器として振る舞うことが知られている.筆者らはこれらの液滴の特性を利用し,液滴衝突に誘起される物理・化学過程観測のための共振増強分光法を開発した.本稿では,同法を用いて解析した,液滴衝突の過程で起こる微小突起や準安定界面の生成過程,液滴衝突化学反応,および衝突液滴中での高次ラマン散乱光の発生について述べる.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top