応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
混晶と格子整合性からアプローチするκ相,γ相酸化ガリウムの結晶成長技術
西中 浩之
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 90 巻 6 号 p. 360-364

詳細
抄録

化合物半導体の中でも大きなバンドギャップを有する酸化ガリウムは,パワーデバイスや深紫外受光素子として研究が進んでいる.この酸化ガリウムは5つの結晶多形を有しており,そのうちβ相とα相に大きな注目が集まっているが,本稿では,そのほかのκ相とγ相にスポットを当てた.κ相は強誘電体特性を有しており,またγ相は5.8eVと大きなバンドギャップで格子整合しながら結晶成長が可能である.このκ相とγ相の結晶成長について,高品質化に向けて,化合物半導体の基礎である混晶と格子整合性という点に着目して紹介する.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top