日本セラミックス協会 年会・秋季シンポジウム 講演予稿集
第20回秋季シンポジウム
セッションID: 2O13
会議情報

遷移金属原子加熱法によるLi2O-Nb2O5-SiO2ガラスへのLiNbO3結晶パターニング
*小柴 佳子本間 剛小松 高行
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

レーザーを用いてガラスに屈折率変化や結晶を誘起させる微細加工技術は、現代の光通信網の発達に関与する光導波路や光スイッチなどの光デバイスの作製技術として期待できる。我々は、遷移金属含有ガラスへ波長1064nmのNd:YAGレーザーを照射することで、遷移金属原子の無輻射緩和による発熱を利用して結晶を誘起させるという遷移金属原子加熱法を見出した。本研究では、この遷移金属原子加熱法を用いて、CuO-Li2O-Nb2O5-SiO2 ガラスに強誘電性結晶LiNbO3 の結晶ラインを誘起させ、結晶の形態・配向・二次光非線形性を調査した。

著者関連情報
©  日本セラミックス協会 2007
前の記事 次の記事
feedback
Top