J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

パーソナリティ研究
Vol. 13 (2004) No. 1 (2004) P 34-43

記事言語:

http://doi.org/10.2132/personality.13.34

原著

本研究は,完全主義の認知を「自己志向的完全主義がセルフ・スキーマとして活性化した結果,意識化された思考であり,できごとの解釈や注意に影響を与えるもの」と定義し,その認知を多次元で測定するための尺度(Multidimensional Perfectionism Cognition Inventory: MPCI)を作成した.研究1では,MPCIの因子構造が明らかとなり,高目標設置,ミスへのとらわれ,完全性の追求の下位次元が特定され,これらの下位次元は十分な信頼性を示した.研究2では,MPCIの構成概念妥当性と基準連関妥当性が明らかとなった.

Copyright © 2004 日本パーソナリティ心理学会

記事ツール

この記事を共有