静脈学
Online ISSN : 2186-5523
Print ISSN : 0915-7395
ISSN-L : 0915-7395
原著
リンパ還流不全による静脈壁ならびに静脈周囲組織変性についての実験的検討
田中 宏樹財満 信宏佐々木 健今野 弘之瀬藤 光利海野 直樹
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 26 巻 3 号 p. 227-235

詳細
抄録

要約:静脈とリンパの還流は組織恒常性を保つため,ともにドレナージ機能を果たしているが,その相互関係は明らかでない.われわれはラットの大腿静脈周囲に存在する集合リンパ管を,静脈周囲組織を剝離せずに中枢部で全て結紮し,リンパを停滞させる動物モデルを作成した.リンパ管を結紮せずsham operation を行った組織をcontrol群とした.処置7 日後,リンパ管は拡張しリンパ停滞を示した.さらに質量顕微鏡法解析から,Lysophosphatidylcholine,Phosphatidylcholine(diacyl 16:0/20:4),Triglyceride が,静脈壁,静脈周囲組織に蓄積していた.28 日後の静脈壁は,control 群に比べ有意に肥厚した.また周囲組織の脂肪細胞は増加し,その間質はTNFα 陽性であった.さらにリンパ管数は処置後,経時的に減少しcleaved caspase3 が発現していた.リンパ管のドレナージ不全は,リンパ停滞によって組織に異常な脂質分子を蓄積させる.脂質蓄積に伴い脂肪細胞が増加し,TNFα の分泌,静脈壁の肥厚,リンパ管のアポトーシスに関与する可能性が示唆された.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top