人工知能学会全国大会論文集
第33回全国大会(2019)
セッションID: 1D4-J-1-01
会議情報

脳波計を用いた恐怖の定量化に関する研究
*金丸 竣樹横田 悠右成瀬 康矢入 郁子
著者情報
キーワード: 脳波, 恐怖, 生理心理学
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年,脳科学の分野では、fMRI計測によって恐怖の交感神経活動に関する脳内ネットワークが明らかとなったと報告されている.しかし,日常的な状況下でのfMRI計測は困難である.日常的な状況下で脳波計を用いて簡易的かつリアルタイム性高く人の恐怖を検出できれば,客観的な恐怖の指標を用いてエンターテイメント分野での恐怖の制御,医療サービスなどでの恐怖の低減といった実応用が可能となる.  本稿では乾式の脳波計を用いて,VRホラーゲームを用いた実験とホラー映像を用いた実験の二つから,周波数解析を用いて恐怖時と非恐怖時の脳波データの特徴を周波数帯域毎に分析した.その結果,アルファ波の恐怖時と非恐怖時のパワースペクトル密度に有意な差が見られました.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top