人工知能学会全国大会論文集
第36回 (2022)
セッションID: 1H5-OS-17b-02
会議情報

物語構造分析に基づく「泣ける」と評価される物語の分類とパターン抽出
*福元 隆希白鳥 孝幸豊澤 修平吉田 拓海石川 一稀岩岬 潤哉斉藤 勇璃中村 祥吾大田 翔貴大場 有紗村井 源
著者情報
キーワード: 物語構造分析, 感性, 感動
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年様々な物語ジャンルにおいて物語構造分析に基づいた自動生成が実現されつつある.しかし,感動により読者の涙を誘う「泣ける」物語の構造分析および自動生成はほとんど行われていない.また人気のある作品が「泣ける」と評価されることや,「泣ける」物語を心理学の面から研究した例もあり,「泣ける」物語の構造分析,自動生成は学術的意義や産業応用可能性が高いと考えられる.そこで本研究では「泣ける」物語の自動生成に必要な物語的特徴の抽出を行った.まずWeb上の投票サイトに基づき,多くの人が「泣ける」と評価した物語作品を選別した.次に選別された物語作品に対して構造分析と,「泣ける」シーンについて涙を誘う手法を分類しデータセットを構築した.また,選別した物語作品と同ジャンルの一般作品と比較することで「泣ける」物語の特徴抽出を試みた.結果として「泣ける」シーンは登場人物の隠された情報の提示や困難克服のための決意表明などと共起しやすいことが明らかになった.「泣ける」物語では読者の共感を誘う構造が重要であると考えられる.本研究の結果を物語自動生成などに応用することで「泣ける」物語の生成が可能になると期待される.

著者関連情報
© 2022 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top