海岸工学論文集
Online ISSN : 1884-8222
Print ISSN : 0916-7897
津波地震がもたらす幾つかの地変形態を対象とした津波形成過程の数値解析
柿沼 太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 53 巻 p. 191-195

詳細
抄録

津波形成過程の流体運動に着目し, 津波地震による地変をA~Gの七つの形式に分類した. 非線形浅水波モデルを適用して, A, B及びE形式の想定地変に伴う津波の数値解析を行なった. A形式の, 一定領域における継続時間の長い地変の場合, 底面の隆起速度が遅いと, 伝播によって津波高さが抑制される. B形式の, 場所を変えて起きる地変の場合, 伝播津波が, その下方に現れる底面隆起の発生時刻, 隆起速度, 隆起進展幅, 進展時間及び進展速度に依存して成長する. E形式の, 地滑りによる地変の場合, 海底滑動部の前面が急勾配のとき, 比較的高波高で短波長の津波が発生し, 緩勾配のとき, 発生した長波長の津波が, 伝播中に底面の上昇を経験する.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top