地震工学研究発表会 報告集
Online ISSN : 1884-8451
高周波数領域におけるスペクトル減衰特性に関する検討
鶴来 雅人香川 敬生入倉 孝次郎
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 28 巻 p. 27

詳細
抄録

強震動予測を精度良く行うには, 高周波数領域の地震動特性を明らかにすることが必要である. 経験的グリーン関数法を用いた大地震記録の再現解析では高周波数領域において過大評価される事例が報告されている. そこで本検討では, 1995年兵庫県南部地震のシミュレーションを行ない, 大地震記録に見られる高周波数領域におけるスペクトル減衰特性を検討する. その結果, 複数の地点に対して共通の高域遮断フィルターを施すことで, 観測大地震記録を再現できることが明らかとなった. 得られた結果は経験的グリーン関数法や統計的グリーン関数法による強震動予測に際に有益な情報を提供するものと期待される.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top