環境システム研究論文集
Online ISSN : 1884-8125
Print ISSN : 1345-9597
歴史的視点から見た干潟環境の変化と人との係わりに関する研究
福岡・今津干潟を例に
馬場崎 正博宗 琢万河口 洋一朴 埼燦島谷 幸宏
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 34 巻 p. 97-103

詳細
抄録

干潟の保全再生の取り組みが全国で始まっている.その際, 環境目標の設定が重要であるが過去の再現は困難なことが多い.福岡都市圏の今津干潟は古代から栄え, 貝塚を始め多くの歴史的資料が蓄積されている.本研究ではこれらの資料を分析し, 古代から昭和50年代までは干潟と人の係わりが密接であったこと, 地域では干潟環境の悪化は砂質干潟の泥質化が原因だとされていたが, 出土貝類の状況から泥干潟が古代から存在していたことなどを明らかにした.本研究のアプローチは各地の干潟再生に貴重な情報を提供すると考えられる.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top