RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
原著
コンプトンカメラによる福島第一原子力発電所における原子炉建屋由来の放射能の推定
榎本 良治片桐 秀明佐藤 亘若松 諒村石 浩加賀谷 美佳渡辺 宝
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 69 巻 6 号 p. 189-197

詳細
抄録

137Csに由来する662 keVのγ線はコンプトン散乱により100 m程度でエネルギーを失い方向を変える。下方に進行するγ線は地面により吸収と後方散乱(クラウドシャイン)され,遠方においては空気分子との散乱により空からγ線が降ってくるように見える(スカイシャイン)。我々は福島第一原子力発電所の敷地内においてγ線スカイシャインの一部のイメージ化に成功した。詳細な研究により,遠方からでも,スカイシャインを利用して2号機原子炉建屋に由来する放射線量の測定が可能であることを示すことができた。

著者関連情報
© 2020 公益社団法人日本アイソトープ協会
次の記事
feedback
Top