理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
短  報
リハビリテーションに特化したデイケアを利用した脳卒中者における利用終了理由の検討
松永 玄山口 智史宮本 沙季鈴木 研近藤 国嗣大高 洋平
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 45 巻 2 号 p. 106-111

詳細
抄録

【目的】本研究は,脳卒中者において,リハビリテーション特化型の通所リハビリテーション(以下,デイケア)の終了理由を利用期間別に調査し,デイケアの役割や利用の在り方を検討することを目的とした。【方法】脳卒中者114 名のデイケア終了理由を改善,死亡,入所,拒否,入院,その他に分類し,利用期間別に検討した。【結果】終了理由は,改善が24 名,死亡が16 名,入所が15 名,拒否が14 名,入院が9 名の順であった。その他は36 名であった。利用期間別でもっとも多い終了理由では,1 年未満では拒否,1 年以上2 年未満では死亡,2 年以上3 年未満および3 年以上4 年未満では改善と入所,4 年以上5 年未満では拒否,5 年以上では改善であった。【結論】終了理由は利用期間により異なることから,リハビリテーション特化型デイケアの役割が,脳卒中後の心身状態や生活環境の変化に関連して変化することが示唆された。サービス提供にはこの点に配慮が必要である。

著者関連情報
© 2018 日本理学療法士学会
前の記事 次の記事
feedback
Top