理学療法科学
Print ISSN : 1341-1667
原著
維持期脳卒中患者に対する歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニング効果の持続性
田中 直樹斉藤 秀之飯塚 陽矢野 博明奥野 純子柳 久子
著者情報
ジャーナル フリー

27 巻 (2012) 2 号 p. 123-128

詳細
PDFをダウンロード (629K) 発行機関連絡先
抄録

〔目的〕維持期脳卒中患者に対して歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニングを行い,その効果の持続性を検討した.〔対象〕発症から12ヶ月以上を経過した脳卒中患者7名(平均年齢61.1歳)とした.〔方法〕週3回4週間の歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニングを行い,測定された歩行速度,TUG,下肢筋力を介入後と介入前,介入1ヶ月後,介入4ヶ月後で比較した.〔結果〕介入前と比べて介入後では歩行速度,TUGで有意差が認められたが,介入後に比べて介入1ヶ月後,介入4ヶ月後では歩行速度,TUG,下肢筋力ともに有意差は認められなかった.〔結語〕歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニングの効果の持続性が示された.

著者関連情報
© 2012 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
関連ジャーナル
Journal of Physical Therapy Science
feedback
Top