理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
男性間質性肺炎患者におけるCS-30と運動能力との関係
阿波 邦彦堀江 淳上田 真智子白仁田 秀一田中 将英林 真一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 28 巻 6 号 p. 757-760

詳細
抄録

〔目的〕男性間質性肺炎(IP)患者においてCS-30が運動耐容能をはじめとする運動能力を反映する有用な評価法となるかについて検討した.〔対象〕対象はIP患者20名であった.〔方法〕主要評価項目をCS-30とし,副次評価項目を呼吸機能,筋力,運動耐容能,ADL,健康関連QOLとした.解析はCS-30とそれらの評価項目との関係をPearsonの相関分析で検討した.〔結果〕CS-30は男性IP患者において上下肢筋力,5 m最速歩行速度,TUG,6分間歩行テストと有意な相関が認められた.〔結語〕CS-30は,IP患者において運動耐容能をはじめとする運動能力を反映する有用で簡便な評価法であることが示唆された.

著者関連情報
© 2013 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top