理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
座位での股関節内旋・外旋角度変化が大殿筋上部線維,中殿筋前部線維,大腿筋膜張筋の筋電図積分値に及ぼす影響
伊藤 陸早田 荘藤本 将志大沼 俊博渡邊 裕文鈴木 俊明
著者情報
キーワード: 大殿筋, 筋電図, 股関節
ジャーナル フリー

2017 年 32 巻 3 号 p. 443-447

詳細
抄録

〔目的〕端座位で股関節内旋位,外旋位を保持した際の股関節周囲筋の筋活動について筋電図を用いて検討した.〔対象と方法〕健常男性10名の両下肢20肢とした.端座位,股関節内旋・外旋10°,20°,30°の肢位で大殿筋上部線維,中殿筋前部線維,大腿筋膜張筋の筋電図を測定し,各股関節内旋角度間と各股関節外旋角度間で比較した.〔結果〕大殿筋上部線維は股関節内旋10°,20°と比較して30°で,中殿筋前部線維,大腿筋膜張筋は股関節内旋10°と比較して30°で有意に増加した.股関節外旋角度間ではいずれも変化を認めなかった.〔結語〕大殿筋上部線維は,股関節屈曲90°では股関節外旋保持には関与せず,股関節内旋保持に関与することがわかった.

著者関連情報
© 2017 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top