理学療法科学
Print ISSN : 1341-1667
原著
理学療法士のキャリア発達とメンターとの関係
内田 芙美佳木村 愛子堀江 貴文元廣 惇稲垣 杏太鈴木 哲
著者情報
ジャーナル フリー

32 巻 (2017) 6 号 p. 905-909

詳細
PDFをダウンロード (550K) 発行機関連絡先
抄録

〔目的〕経験の浅い理学療法士のキャリア発達を促す支援策としての基礎資料を得ることを目的に,キャリア・アダプタビリティの現状を調査し,かつキャリア・アダプタビリティとメンターとの関係性について検討した.〔対象と方法〕対象は,経験年数が1年から5年までの理学療法士149名とした.質問紙にて,基本属性,キャリア・アダプタビリティ尺度,メンターの有無を調査した.〔結果〕メンターを持つものは,持たないものと比べ,キャリア・アダプタビリティの関心因子,コントロール因子,自信因子の得点が有意に高かった.〔結語〕理学療法士のキャリア発達にメンターが関与する可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2017 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事

閲覧履歴
関連ジャーナル
Journal of Physical Therapy Science
feedback
Top