理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
歩行時の杖の使用が歩幅調整の正確性に与える影響
渡邉 観世子谷 浩明
著者情報
キーワード: , 歩幅, 変動
ジャーナル フリー

2018 年 33 巻 2 号 p. 281-284

詳細
抄録

〔目的〕本研究では杖操作を指導する際に応用できる知見を得ることを目的に,歩行時の杖の使用が距離知覚にどのような影響を受けるかを明らかにした.〔対象と方法〕健常成人14名を対象に,歩行時の歩幅調整課題を行った.独立変数は杖の使用要因(あり,なし)と歩幅要因(通常,小さい歩幅,大きい歩幅)とし,目標歩幅に対する誤差の大きさと歩幅のばらつきを従属変数として要因の影響を分析した.〔結果〕目標歩幅に対する誤差の大きさは杖の使用の有無による違いを認めなかったが,歩幅のばらつきは杖を使用する条件で有意に大きかった.〔結語〕歩行時の杖の使用は,歩幅のばらつきを大きくし,歩行リズムを不安定にすると考えられた.

著者関連情報
© 2018 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top