理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
月に1回3ヵ月間の介護予防体操プログラムが,人生の目的の高低の異なる高齢女性のQOL,生きがいおよび前向きな態度に及ぼす影響
辻下 聡馬涌井 忠昭
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 36 巻 3 号 p. 337-343

詳細
抄録

〔目的〕月に1回3ヵ月間の介護予防体操プログラムが,高齢女性のquality of life(QOL),生きがいおよび前向きな態度に及ぼす影響を明らかにすること,また,運動習慣の有無および人生の目的の高低が「QOL」,「生きがい」および「前向きな態度」に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした.〔対象と方法〕関西地方のX市に居住する65歳以上の高齢女性16名を対象として,人生の目的,QOL,生きがいおよび前向きな態度を調査した.〔結果〕介護予防体操プログラム実施前後で,「人生の目的」,「精神的サマリー」,「生きがい」および「前向きな態度」におけるすべての値は増加したが,有意差は認められなかった.一方,人生の目的の高い群と低い群の介護予防体操プログラム実施前後における各値の群別比較では,実施前は「精神的サマリー」,「生きがい」および「前向きな態度」に有意な差が認められ,実施後は「生きがい」にのみ有意な差が認められた.〔結語〕人生の目的を高く持つことは,「精神的サマリー」,「生きがい」および「前向きな態度」に関連すると推測され,高齢者における介護予防を行う際の重要な示唆を得た.

著者関連情報
© 2021 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top