理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
各種ブリッジ動作中の股関節周囲筋の筋活動量―MMT3との比較―
市橋 則明池添 冬芽羽崎 完白井 由美浅川 康吉森永 敏博濱 弘道
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 13 巻 2 号 p. 79-83

詳細
抄録

本研究の目的は,健常男性12名を対象に,各種ブリッジ動作中の股関節周囲筋の筋活動量を明確にし,さらに各筋のMMT3の筋活動と比較することである。測定筋は,大殿筋,中殿筋,大腿筋膜張筋,大内転筋とし,各筋の整流平滑化筋電図を求めた。その結果,両脚ブリッジの筋活動量は20%以下の低い筋活動であった。一方,片脚ブリッジの筋活動量は,股伸展・外転筋で高い値を示し,両脚ブリッジと比較し,すべての筋において有意に増加した。MMT3の筋活動とブリッジ動作を比較すると,大内転筋を除いて片脚ブリッジの方が大きい筋活動を示した。本研究結果より,片脚ブリッジは大殿筋だけでなく中殿筋や大腿筋膜張筋の筋力トレーニングとして有効であることが示唆された。また,片脚ブリッジをするためには,MMT3以上の筋活動が必要であり,訓練処方の1つの基準となると考えられる。

著者関連情報
© 理学療法科学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top