根の研究
Online ISSN : 1880-7186
Print ISSN : 0919-2182
原著論文
トマトプラグ苗の側面接触定植は保水シート耕における活着を改善し二段栽培の生産性を向上させる
中野 明正江口 陽子酒井 浩伸趙 鉄軍並崎 宏美
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 27 巻 1 号 p. 5-9

詳細
抄録

トマトの養液栽培を保水シート耕で行う場合,定植時にプラグ苗の底面を保水シートに接触させる慣行法よりも,側面を保水シートに接触させる側面接触定植の方が,その後にプラグ苗から展開する根量が増加した.この知見をトマトの二段栽培に適用して生産性(収量および品質)を評価した.生産圃場で評価した場合でも,側面接触定植区の方が最終的には根の乾物重が14%増加し,着果率も平均で42%改善し,生産物の果実糖度も15%有意に増加した.

著者関連情報
© 2018 根研究学会
次の記事
feedback
Top