J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本化粧品技術者会誌
Vol. 49 (2015) No. 4 p. 319-327

記事言語:

http://doi.org/10.5107/sccj.49.319

ノート

触対象の官能評価においては,被験者に呈示する触感に関わる言葉によって得られる結果は変わってくる。しかし,使用感を左右する触感に関する感覚語彙を系統的に収集・分類した例はほとんどない。そこで本研究では,日本語のデータベースである分類語彙表から触覚に関する言葉145語を選び出し,3種類の国語辞典を用いて各単語の意味を確認,選出した言葉を硬軟因子(かたい/やわらかい)・凸凹因子(粗い/滑らかな)・温冷因子(温かい/冷たい)・摩擦因子(くっつき/滑り,湿った/乾いた)からなる4つの触覚次元に基づいて分類した。この触覚次元に基づいた感覚語彙の分類法は,化粧品をはじめ多くの分野の商品評価・品質管理に有用であるものと考えられる。

Copyright © 2015 日本化粧品技術者会

この記事を共有