日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
ISSN-L : 0387-5253
原著
顕微IRを使用した毛髪横断面解析
稲益 悟志森脇 太郎池本 夕佳
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 50 巻 3 号 p. 209-217

詳細
抄録

ヘアトリートメント剤およびヘアカラーリング剤においては,機能を効果的に発現するために,毛髪内部への製剤物質の浸透性をコントロールすることが重要な技術となっている。効率的に製剤開発を行うためには対象となる毛髪内部の情報を正確に掴むこと,および,毛髪内部への浸透性を直接的にかつ簡便に解析する測定方法の確立が必要となってくる。これまでにわれわれは顕微IRを使用して毛髪横断面の化学組成分布(アミドおよびCH結合)を評価し,製剤物質の局在状況の確認を報告してきた。本研究においてわれわれは,SPring-8 BL43IR光学系装置の変更に伴い,既報よりも詳細な毛髪横断面の組成情報を得ることが可能となった。その結果,アミド結合に対するイメージマッピングにおいて毛髪の輪郭が従来よりもクリアに得られ,ダメージによる内部タンパク質の組成変化が示された。今後については本解析手法の適用可能な対象毛髪の更なる確認とともに,測定時間短縮化を図っていくことで,本手法の普遍的な活用を目指していきたい。

著者関連情報
© 2016 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top