日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
理想的な洗顏料の開発
酒井 裕二
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 33 巻 2 号 p. 109-118

詳細
抄録

われわれは洗顏により, 余分な皮脂や過酸化脂質, さらには肌上に吸着した空気中のほこり等を取り除くことで, 肌を清潔に保つことができる。洗顏料を開発するうえで考慮すべき要素として, 機能性, 皮膚安全性, 使用法の3点があげられる。これら3要素はおのおの密接に関係しており, どれか一つ欠けても洗顏料として満足する品質は得られない。またこの3要素に最も影響を与えるのが, 洗浄機能主剤の界面活性剤である。すなわち, この界面活性剤の特性を把握しつつ, 各要素をバランスよく高質化することこそ, 肌に理想的な洗顏料開発を可能にする。今回は, この3要素を中心にこれまで検討してきた研究を報告し, 理想的な洗顏料のあるべき姿について考察した。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top