日本生気象学会雑誌
Online ISSN : 1347-7617
Print ISSN : 0389-1313
熱中症死亡数と気象条件
―日本における21年間の観察―
中井 誠一
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 30 巻 4 号 p. 169-177

詳細
抄録

日本における1970年から1990年までの熱中症死亡数と気象条件の関係を検討した.熱中症死亡数は21年間で1, 450件であり, 年平均にすると69件 (26件から155件の範囲) であった.熱中症死亡数1, 450件のうち65歳以上の年齢の占める割合は41.4%, 25歳から64歳までは37.2%であった.東京および大阪管区気象台の資料から熱帯夜 (日最低温度が25℃以上の日) 真夏日 (日最高温度が30℃以上の日) の日数を調査した.その結果年間熱中症死亡数と熱帯夜および真夏日の年間発生数との間に有意な相関関係が認められた.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top