日本生気象学会雑誌
Online ISSN : 1347-7617
Print ISSN : 0389-1313
ISSN-L : 0389-1313
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説
  • —どのような統計分類を使用すべきか?—
    中井 誠一
    2019 年 56 巻 2 号 p. 67-75
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    人口動態統計では「熱中症」という用語を用いた死亡統計の分類はなく,「傷病および死亡の外因」の中に,1994年までは「過度の高温(E900)」,1995年以降では「自然の過度の高温への曝露(X30)」と「人工の過度の高温への曝露(W92)」の項目があり,これらが外因としての暑熱による死者数と考えられる.厚生労働省 の広報資料においても「自然の過度の高温への曝露(X30)」を熱中症による死亡数とすると掲載されている.しかし,「損傷,中毒およびその他の外因の影響」の中に,1994年までは「熱作用(N992)」と「熱および光の作用(992)」,1995年以降は「熱及び光線の作用(T67)」の小分類として,熱射病や日射病などの熱中症の具体的な症状が示されているので,T67が傷害の性質としての熱中症死者数に相当すると考えられる.本研究ではこれらの統計分類について熱中症に関連する死亡数を比較した.1994年までは統計分類による死亡数に顕著な差は認められなかったが,1995年から2017年まではT67がX30よりも高値で,X30にW92を加算するとT67と X30+W92との差は小さくなった.これらは外因のコードであるE900が1995年以降ではX30とW92に分割して表示されたことが原因と考えられる.暑熱による死亡数を示す場合,自然の過度の高温による死亡数(原因による分類)を示すよりも,傷害の性質による死亡数を用いることが妥当と考えられ,熱及び光線の作用(T67)による死亡数が我が国における熱中症死亡数を示していると考えられる.

原著
  • 土谷 彰男, 田中 晃
    2019 年 56 巻 2 号 p. 77-88
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    アマゾナス州マナウス郊外で15年生再生林の先駆種のサップフロー(SF)をグラニエ法で計測し,透水係数と辺材面積から面積あたりの蒸発散に換算して,乾期と雨期(各30日間)で比較した.乾期も雨期も飽差(VPD)とSFはほぼ同位相であったが,雨期の晴天日の日総量は乾期より多く(乾期<雨期),VPD(乾期>雨期)と逆位相であった(個体あたり12.4 l/day(乾期)<14.9 l/day(雨期)).太陽短波放射量のほぼ等しい期間(597:609W/m2)で比べても,SFは乾期<雨期(27.7:36.9 l/day)であった.SFは本来VPDに規定されるが,本研究ではその逆で,土壌水分(例えば地下80cmで0.28m3/m3(乾期),0.37m3/m3(雨期))の差が根の浅い再生林の樹木のSFに影響した.この再生林は地上部バイオマスが小さく,日あたりの群落蒸発散量は乾期で1.0mm,雨期で1.2mmとサバンナ地帯での計測値より少なかった.

  • —プラセボ対照ランダム化二重盲検クロスオーバー群間比較試験—
    野村 知子, 天野(吉田) 恭子, 中島 幸範, 高妻 和哉, 須摩 茜, 樋口 和彦, 杉山 義宣, 西村 直記
    2019 年 56 巻 2 号 p. 89-99
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    クロロゲン酸はコーヒー豆に多く含まれ,血管機能改善作用を有することが知られている.本研究では,クロロゲン酸飲料の単回摂取が冷水負荷後の末梢部皮膚温および皮膚血流に及ぼす効果について検討した.健常女性24名を被験者とし,クロロゲン酸飲料(クロロゲン酸270mg含有)あるいはプラセボ飲料を用いたランダム化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験を実施した.試験飲料摂取50分後に水温15℃の水浴に1分間両手を手関節部まで浸漬する冷水負荷試験を実施した際の指先の皮膚温と皮膚血流の変化を観察した.試験完遂者は21名であった.クロロゲン酸飲料摂取時の冷水負荷後の皮膚温の回復はプラセボ飲料摂取時と比較して有意に高く,同様に皮膚血流の回復もクロロゲン酸飲料摂取時に有意に高かった.以上の結果より,クロロゲン酸飲料摂取は冷水負荷により低下した皮膚温および皮膚血流の回復を早める効果があることが示唆された.

資料
  • 苗村 晶彦, 奥田 知明, 渡辺 幸一, 福岡 義隆
    2019 年 56 巻 2 号 p. 101-107
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    森林衰退が報告されている瀬戸内海沿岸部の広島県極楽寺山南側斜面における二十四節気によるO3濃度の季節変動と,極楽寺山周辺の渓流水質を調査した.極楽寺山南側斜面のO3濃度は3年間の平均で24.6 ppbであり,首都圏の東京タワーと同程度で季節変動もほぼ同様であった.渓流水中の全平均値(n=12)はCl-濃度で90.4μMとなり首都圏の沿岸部に比べて4分の1程度であり,NO3-濃度は13.8μMで窒素飽和が散見される首都圏に比べて低いが20μM以上の場合もあった.O3とNO3-はNOxからの二次的生成物として連動することもあるので,アジア大陸からの越境汚染の影響もありO3濃度等の環境把握は重要である.

feedback
Top