石油学会 年会・秋季大会講演要旨集
第42回石油・石油化学討論会 (秋田)
セッションID: 1E09
会議情報

一般発表-ファインケミカルズ
アルカリ処理した担持ルテニウム触媒の活性発現に関する考察
*鈴木 崇恩田 紘樹村上 恵理木村 光
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

水溶性塩の塩化ルテニウムは触媒前駆体として広く用いられている。担持ルテニウム触媒などでは、アルカリ水溶液で処理することで水蒸気改質活性が向上することが知られている。この触媒は還元を行わず、不活性ガス下で加熱処理しただけでも共役ジエンの水素化反応などが進行しはじめることがわかってきた。本報告では、担持RuCl3, アルカリ処理した担持RuCl3におけるジエンの水素化反応中の生成物分布などから、還元を伴わない活性発現について考察を行う。

著者関連情報
© 2012 公益社団法人石油学会
前の記事 次の記事
feedback
Top